2009年06月02日

タイのお寺で出家!その@です。

DSC00210.jpg
サヤーム店主。
実は2007年の秋にタイのお寺で出家してましたぴかぴか(新しい)

カテゴリ一つ増やしまして…
お寺の出家のお話を少しずつUPしていこいかと思います。
お楽しみに手(パー)
posted by サヤーム岐阜 at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | タイのお寺で出家! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月19日

タイのお寺で出家。そのAです。

DSC01394.jpgDSC00210.jpg

場所は、このブログでもよく出てくる
チョンブリー県バンサレーとゆう町です。
写真はバンサレーの港です。
もう1枚はお寺の本堂です。

この町に家族ぐるみで仲良くさせてもらっているファミリーがいまして
ひょんなことからファミリーの長男Aと共に出家する事となりました。

日本から家族も来て、Aの家族も…いや町を総出での出家です。
posted by サヤーム岐阜 at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | タイのお寺で出家! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

タイのお寺で出家。そのBです。

DSC00619.jpgまずは剃髪です。

夕方5時のお経が、始まると同時に始めます。
お寺中に響き渡るお経…厳かな雰囲気です。

ざざざ〜とT字で…あっとゆうまの出来事でした。
最後に「眉毛」も落として終了です。
写真は、俗世と共に落とした毛であります。

で、さてこれから!と思ったら一旦帰って良しとのこと。
ここからは、タイの風習としてお祝いの儀だそうで…
宴会です。

翌日は、いよいよ得度式です。
posted by サヤーム岐阜 at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | タイのお寺で出家! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月10日

タイのお寺で出家。そのCです。

DSC00634.jpgDSC00638.jpg
得度式当日です。

まずは私服にて、ジョムティエンの大きいお寺へ行きました。
ここには、とても偉いアーチャンがみえるそうで、面会です。

※アーチャンとは…お寺で一番偉い人の事だそうです。
バンサレーのお寺にももちろんいらっしゃいますが、
ジョムティエンのアーチャンは、チョンブリー県で一番偉いそうです。

厳かな式が始まりました。
めちゃくちゃ緊張しました。
なぜならば、ここで合格しないと、お坊さんになれないからです。
剃った頭と眉毛が…たらーっ(汗)

式はアーチャンとの問答のような感じでした。
ある程度は、タイ語がしゃべれていたので自信があったのですが
パーリー語や、サンスクリット語らしき言葉や、専門的な言葉で
何て言ってるのか分からなくて、正直焦りました。

でも、バンサレーの寺のbQの人が、横からボソボソと教えてくれて
なんとか終了。
助かりました。

晴れてお坊さんになれたのでした。
posted by サヤーム岐阜 at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | タイのお寺で出家! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月11日

タイのお寺で出家。そのDです。

CIMG0075.jpgCIMG0083.jpg
写真1)食事をする所     写真2)本堂の中

まだ暗い時間、朝4時です。
カーン、カーンカーンと鳴る鐘の音が起床の合図。
…と言ってももう皆起きています!

身支度をし…最初の頃はオレンジの袈裟を着るのに苦労しました
本堂ではない所で、朝のお経です。

そして日の出と共に、托鉢です。
鉢(バーッ)を持って行きます。

朝早いのに、町の人たちが、お供えを持って出てきてくれます。
大人から、小さな子供までいました。
お米は、鉢の中に。
袋詰めにされた料理、御菓子、ジュースは、フタの上にのせると
お付きの人が、持っていってくれました。
なかには、お金もありましたねー。

そしてお経を読みます。
約1時間くらいかけて町を回りお寺に帰ります。

お寺に帰ったら、まかないの人たちが何十人近くいて
頂いたタンブンを仕分けしてくれます。
その間に、僧侶達は、ひな壇の上に座り食事が運ばれるのを待ちます。
運ばれてくる時は、触ってはいけません。

そしてお経を読んでから、食事が始まります。
その頃になると、お寺には50人くらいの人々が集まっていました。
食事は結構な量でした。小鉢に10種類以上ありました。
僧侶が食事をしている間、町の人たちは待っています。
食べ終わると、もう一度お経を読み、町の人たちが食事をします。


色んなタイ料理が、ビュッフェみたいな感じででてきてビックリしました。
あと、僧侶が町の人たちより高い位置で食事し、
また、僧侶が食べ終わってから、町の人たちっていうのも驚きでした!
posted by サヤーム岐阜 at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | タイのお寺で出家! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月16日

タイのお寺で出家そのEです。

DSC00675.jpgDSC00672.jpg

食後は自由時間です。
基本お寺の境内の中にいます。
おしゃべりしたり、昼寝したりですが

ワタクシふと気が付きましたひらめき

毎朝の托鉢の時なのですが、実は裸足で行動します。
慣れてないので始めは大変苦労しました。
小さな石一つでも踏んだらとても痛かったです。
なので皆が歩く道をホウキで掃き掃除をしました。

写真はお寺にいる猫さん。

◆営業時間のお知らせ◆
★ディナー…18:00〜24:00(L.O23:00)
●ランチ……11:45〜13:45(L.O13:30)毎週=金・土・日
□月曜定休
posted by サヤーム岐阜 at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | タイのお寺で出家! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

タイのお寺で出家。そのFです。

DSC00210.jpg

夕方くらいになるとお経の時間になります。

このお経。たいへん苦労しましたもうやだ〜(悲しい顔)
日本語でもいまいち理解できないにも関わらずですからね。
まずタイ語では無かったですね。
サンスクリット語かパーリー語かと思います。
覚えるのに必死でした。

お経の時間は約1時間。
お寺全体に響きわたり神聖な感じに包まれます。
posted by サヤーム岐阜 at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | タイのお寺で出家! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。